by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

Flutter

flutter_launcher_icons

アプリのアイコンを変更するやつ。なぞるだけ。 pub.dev

pubspecファイルのフォーマット

pubspecファイルのフォーマット ここにまとまっている。というかこれが仕様。 flutterではpubspec.yamlのnameがアプリ名になると思っていた時期が俺にもありました。 普通にAndroidManifest.xmlやinfo.plistを弄る。 The pubspec file | Dart

flutter ubuntu

Ubuntu 18.10 flutterはtar.xzをダウンロードして解凍してパスを通すだけ dartは、ひと手間かけたあとにaptからいれられる Linux install - Flutter Get the Dart SDK | Dart

StatelessWidgetにパラメータを渡したい

とりあえず statelesswidget parameters などでググるとよい 原理は不明だが、this.paramって書くことで、paramキーに対して引数を渡すことができる。 class Item extends StatelessWidget { Item({Key key, this.param}) : super(key: key); final Map para…

flutter assets

pubspec.yaml で。ファイル単体で指定できるし、ディレクトリごと指定できる。 flutter: assets: - assets/my_icon.png - assets/background.png flutter: assets: - assets/ あとは、こんな感じで画像を呼び出す。 Image.asset('assets/blank.png') flutter…

flutterでerror: resource android:attr/fontVariationSettings not found

webview_flutter 0.3.14+1を使うと起きる。フォント周りについては特別なにかしたわけではない。build.gradeで compileSdkVersion 28 にするとなおる。 github.com github.com github.com

flutter WebviewScaffold memo

flutter_webview_pluginとwebview_flutterというのがあり、WebviewScaffoldはflutter_webview_pluginのほう。紛らわしい。 @override Widget build(BuildContext context) { return WebviewScaffold( url: "https://flutter.dev/", withJavascript: true, wi…

flutter create memo

一部のドキュメントではsampleをコマンドで構築することができる。なお、対応しているリンクにコードがなかったら404になる。 $ flutter create --sample=material.ListTile.5 mysample $ cd mysample $ flutter run

brew install flutter

brew install flutter できるやろと思ったけどhomebrew-coreのFormulaを見たらプルリクで止まっていた。 Mac的には、公式からダウンロードしたzipを解凍して、bin/flutterにパスを通すだけなんだけど、インストールのところで libexec.install Dir["*"] とか…

brew install flutter

brew install flutter できるやろと思ったけどhomebrew-coreのFormulaを見たらプルリクで止まっていた。 Mac的には、公式からダウンロードしたzipを解凍して、bin/flutterにパスを通すだけなんだけど、インストールのところで libexec.install Dir["*"] とか…