by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

redash gunicorn worker timeout

redashのAPサーバーにはgunicornが使われており、apiをキックして30秒以上経過するとgunicornがworker timeoutを返す仕組みとなっている(すくなくとも/api/queries/query_id/results.filetypeなリクエストで30秒以上経過するとworker timeoutが返ってくることはわかる。普通のクエリ実行が30秒以上経過してもタイムアウトにならないのは、APIリクエストとデータソースへのアクセスが非同期で動いているからだと思われる)

gunicornのタイムアウトはデフォルトで30秒。これを伸ばすためには、まあtimeoutの設定を伸ばす引数を付与して再実行するしかない。 /api/queries/query_id/results.filetype をクエリパラメータをつけて実行するとクエリ再実行あつかいになるので、普通に時間がかかるので30秒以上経過するとworker timeoutで502が返ってくる。

Settings — Gunicorn 19.9.0 documentation

Problem with slow UI and worker timeouts - Self Hosted Redash Support - Redash Discourse

awscli 1.16.57

ecsとworkspacesくらいだろうか知っているのは

  • api-change:workspaces: Update workspaces command to latest version
  • api-change:ecs: Update ecs command to latest version
  • api-change:ce: Update ce command to latest version
  • api-change:comprehend: Update comprehend command to latest version
  • api-change:ssm: Update ssm command to latest version

Release 1.16.57 · aws/aws-cli · GitHub