by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

awscli 2.9.19

  • api-change:iotfleetwise: Add model validation to BatchCreateVehicle and BatchUpdateVehicle operations that invalidate requests with an empty vehicles list.
  • api-change:ec2: This release adds new functionality that allows customers to provision IPv6 CIDR blocks through Amazon VPC IP Address Manager (IPAM) as well as allowing customers to utilize IPAM Resource Discovery APIs.
  • api-change:cloudformation: Enabled FIPS aws-us-gov endpoints in SDK.
  • api-change:s3: Allow FIPS to be used with path-style URLs.
  • api-change:m2: Add returnCode, batchJobIdentifier in GetBatchJobExecution response, for user to view the batch job execution result & unique identifier from engine. Also removed unused headers from REST APIs
  • enhancement:openssl: The bundled OpenSSL versions for the Linux installers have been upgraded from 1.0.2 to 1.1.1
  • api-change:sagemaker: SageMaker Inference Recommender now decouples from Model Registry and could accept Model Name to invoke inference recommendations job; Inference Recommender now provides CPU/Memory Utilization metrics data in recommendation output.
  • api-change:polly: Add 5 new neural voices - Sergio (es-ES), Andres (es-MX), Remi (fr-FR), Adriano (it-IT) and Thiago (pt-BR).
  • api-change:events: Update events command to latest version
  • api-change:redshift-serverless: Added query monitoring rules as possible parameters for create and update workgroup operations.
  • api-change:s3control: Add additional endpoint tests for S3 Control. Fix missing endpoint parameters for PutBucketVersioning and GetBucketVersioning. Prior to this fix, those operations may have resulted in an invalid endpoint being resolved.
  • enhancement:ec2 customization: Update --cidr parameter description to indicate the address range must be IPv4
  • api-change:sts: Doc only change to update wording in a key topic

github.com

ghcr

PATには以下権限が必要

  • read:packages スコープを選択すると、コンテナー イメージがダウンロードされ、そのメタデータが読み取られます。
  • write:packages スコープを選択すると、コンテナー イメージがダウンロードされ、アップロードされ、そのメタデータが読み書きされます。
  • delete:packages スコープを選択すると、コンテナー イメージが削除されます。

docs.github.com

gcloud CLI クイック リファレンス

特にget-credentials kubectlの公式を見てもGKEとの関連付けは載っていないので、、、

  • gcloud auth configure-docker: gcloud CLI を Docker 認証ヘルパーとして登録します。
  • gcloud container clusters create: GKE コンテナを実行するためのクラスタを作成します。
  • gcloud container clusters list: GKE コンテナを実行するためのクラスタを一覧表示します。
  • gcloud container clusters get-credentials: kubeconfig を更新して、kubectl で GKE クラスタを使用するようにします。
  • gcloud container images list-tags: コンテナ イメージのタグとダイジェスト メタデータを一覧表示します。

cloud.google.com

awscli 2.9.17

  • api-change:sagemaker: HyperParameterTuningJobs now allow passing environment variables into the corresponding TrainingJobs
  • api-change:appflow: Adding support for Salesforce Pardot connector in Amazon AppFlow.
  • api-change:codeartifact: Documentation updates for CodeArtifact
  • api-change:medialive: AWS Elemental MediaLive adds support for SCTE 35 preRollMilliSeconds.
  • api-change:logs: Bug fix - Removed the regex pattern validation from CoralModel to avoid potential security issue.
  • api-change:ec2: Adds SSM Parameter Resource Aliasing support to EC2 Launch Templates. Launch Templates can now store parameter aliases in place of AMI Resource IDs. CreateLaunchTemplateVersion and DescribeLaunchTemplateVersions now support a convenience flag, ResolveAlias, to return the resolved parameter value.
  • api-change:panorama: Added AllowMajorVersionUpdate option to OTAJobConfig to make appliance software major version updates opt-in.
  • api-change:efs: Update efs command to latest version
  • api-change:connect: Amazon Connect Chat introduces Persistent Chat, allowing customers to resume previous conversations with context and transcripts carried over from previous chats, eliminating the need to repeat themselves and allowing agents to provide personalized service with access to entire conversation history.
  • api-change:cloudwatch: Update cloudwatch command to latest version
  • api-change:wafv2: Improved the visibility of the guidance for updating AWS WAF resources, such as web ACLs and rule groups.
  • api-change:ivschat: Updates the range for a Chat Room's maximumMessageRatePerSecond field.
  • enhancement:Python: Update Python interpreter version range support to 3.11
  • api-change:groundstation: Add configurable prepass and postpass times for DataflowEndpointGroup. Add Waiter to allow customers to wait for a contact that was reserved through ReserveContact
  • api-change:glue: Release Glue Studio Hudi Data Lake Format for SDK/CLI
  • api-change:connectparticipant: This release updates Amazon Connect Participant's GetTranscript api to provide transcripts of past chats on a persistent chat session.
  • api-change:opensearch: This release adds the enhanced dry run option, that checks for validation errors that might occur when deploying configuration changes and provides a summary of these errors, if any. The feature will also indicate whether a blue/green deployment will be required to apply a change.

github.com

helmの用語

emacs-helmとは関係がないはず

helm

Helm は Kubernetes のパッケージマネージャーです。 オペレーティングシステムのパッケージマネージャーを使用すると、OS にツールを簡単にインストールできます。 Helm を使用すると、アプリケーションやリソースを Kubernetes クラスターに簡単にインストールできます。 Helm はプロジェクトの名前ですが、コマンドラインクライアントの名前も helm です。 慣例により、プロジェクトについて言うとき、Helm は大文字です。 クライアントの場合、helm は小文字です。

チャート

チャート は Helm パッケージです。 これには、Kubernetes クラスタ内でアプリケーション、ツール、またはサービスを実行するために必要なすべてのリソース定義が含まれています。 Kubernetes に置ける Homebrew の式、Apt dpkg、 または Yum RPM ファイルに相当するようなものと考えてください。

リポジトリ

リポジトリ は、チャートを収集して共有できる場所です。 Perl の CPAN アーカイブ や Fedora パッケージデータベースに似ていますが、 Kubernetes パッケージが対象です。

リリース

リリース は、Kubernetes クラスタで実行されているチャートのインスタンスです。 多くの場合、1つのチャートを同じクラスターに何度もインストールできます。 そして、それがインストールされるたびに、新しい リリース が作成されます。 MySQL チャートを考えてみましょう。クラスターで2つのデータベースを実行する場合は、そのチャートを2回インストールできます。 それぞれに独自の リリース があり、次に独自の リリース名 が付けられます。

helm.sh

helm.sh