読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

arpについて

Linux

ARP

MACアドレスとIPアドレスの対応情報は、ARPテーブルと呼ばれる内部管理領域に記録されている。 ARP解決とも呼ばれる。それをコマンドで参照することができる。

Win版arp

ARPコマンドで通信先を特定する − @IT

ARPコマンドとは   ARPコマンドはARPテーブルを管理するためのコマンドである。コマンド・プロンプト上で「arp -a」を実行すると、現在のARPテーブルの内容が表示される。

Linux版arp

$ type arp
/sbin/arp

$ man arp
arp - manipulate the system ARP cache
ファイアウォールによってpingなどへの応答が禁止されている場合でも、ARPテーブルを見れば、実際に通信できているかどうかを確認できる