読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

Apple Watch 新 OS "watchOS 2" の注目機能 メモ #fdev_shimane

勉強会

fenrir.doorkeeper.jp

アジェンダ

  • watchOS2 新機能
  • WWDC 2015

watchOS2

  • ついにWatch本体で動作
  • いままでのwatchOS1 iPhone DeviceとWatch Device (コードはiPhone Deviceにあって、実際のWatch DeviceはUIのみの表示)
  • watchOS2 iPhone Device上にコードはなく、WatchDeviceにコードがうつる(UIは以前のままWatchDevice)

Watchで動作するメリット

  • ボタンなどのタップ処理の向上(レイテンシーの向上)
  • 各種センサー類が扱いやすくなる(WatchOS1だとセンサー類が使えない)
  • 母艦のiPhoneがなくても動作できるアプリが作れる(Watch上で動作される)

Watchで動作するデメリット

  • データ共有などiPhoneとの通信が多いアプリは恩恵が少ない(Watchのほうにコードがあるから)
  • iPhoneとの通信が複雑になる(今まではプロセス間通信のみで、動作も早かったが、BLEでの通信が主になるので、ちょっと複雑になる)

watchOS2 新機能

ClockKit

  • Watch Faceにアプリの情報を表示
  • Watch上の一等地が3rdPartyに解放
  • watchOS2のTime Travel(Watchの表示をしているときに回すと過去に戻せる 過去の天気予報がわかったりする)にも対応可能

WatchConnectivity

  • iPhone / Watch間の通信
  • 両デバイスがアクティブならリアルタイム
  • 片方がアクティブでなくても次回起動時に届く

センサー類

  • CoreMotion Framework(が、サードパーティでも開発できる)
    • 加速度センサー
    • ジャイロ
    • 歩数計
  • HealthKit Framework
    • 心拍数

Digital Crown

  • 竜頭の操作でUIを操作(今まではテーブルビューのみ)
  • Picker系のUIでコンテンツの選択可能
  • 絵文字選択のような画像の選択も可能

Taptic Engine

  • Watchを振動させる
  • 規定されているタイプを指定(自由自在には使えない)
  • インタラクションに沿ったフィードバックを返せる(腕につけていると振動がわかりやすいので、これを使っていろいろ開発できる)

音声と動画

  • 音声
    • 録音可
    • 再生可能
  • 動画
    • 動画再生可能
    • HTTP Live Streamingには未対応なのが残念

アニメーション 動画

  • アニメーションサポート(WatchOS2から対応)
    • alpha
    • サイズ
    • アラインメント
    • グループインセット
  • CoreGraphicでの動的画像作成

ネットワーク

  • Watch自身でサーバとの通信も可能
  • Watch側で先に取得したデータをiPhone側とシェアもできる

iOSのFrameworkがやってきた

  • それ以外にも
    • CoreData(DB)
    • EventKit(カレンダー)
    • PassKit(Passbook)
    • HomeKit(家電)
  • 機能制限があるものもあるが一通りある
  • WatchにはiPhone4くらいの処理能力がある

OS1とOS2の両対応は

  • 両対応は強制ではない
  • watchOS2用のターゲットを追加するだけ
  • APIなどの差異がなければOS1 OS2両方にそのまま再利用可能
  • 細かい差異がある場合は#if TARGET_OS_WATCHで分岐さす(true ならOS2に)

タスクコンプリーション

  • iOS4で導入された延命方法
  • 最大10分間バックグラウンドを延命させる(iOS8.2から使える)
  • NSProcessInfoの長い名前のメソッドでタスクコンプリーションが使える(performExpiringActivityWithReason:usingBlock)

機能豊富になったwatchOS2

使いこなせるかどうかはあなたのアイディア次第です

WWDC 2015

  • アップルが毎年開催している開発者向けイベント
  • 階乗はアメリカサンフランシスコのMoscone West
  • CEOによるキーノート
  • 社員による機能説明セッション
  • 社員に質問できるLab
  • 野外のビアバッシュ

  • Xamarin's WWDC 2015 Party

    • Xamarinが主催したパーティ
    • 特に何かあるというわけではない
    • 立食しながらいろいろなひととコミュニケーションが取れる
  • WWDC Swift Panel @ Realm

  • Realmがホストした地元Swiftコミュニティーのイベント

  • 界隈で有名な人がパネディス
  • Swift開発の主要メンバーChris Lattnerの話

海外のDevイベントは行くべき

  • よいところ

    • 刺激を受けられる
    • 著名な開発者と会話ができる
    • 自分を売り込むチャンス
  • よくないところ

    • おかねかかる
    • 上司を説得する→3人共経費で行ったよ
    • フェンリルでは今年は3人
  • 注意点

    • 積極的に行動(日本人特有のナーバスになりがち)
    • 英語が下手とか関係ない
    • しゃべりにいこう

petersteinberger.com

Chris Lattner's Homepage

ティム・クック - Wikipedia