読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

Github実践入門 ─ Pull Request による開発の変革 #githubkaigi

勉強会

PHP Perl Ruby Chef Puppet Agile

今mixi

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

新品価格
¥2,786から
(2014/6/1 14:11時点)

今日のメッセージ

  • Githubを利用した開発の世界を知る
  • Githubを(活用)する違いを知る
  • Github実践入門はガイドブック

使っているだけのか、十分に使いきっているのかの違いを考える

Githubを利用した開発の世界を知る

世界(所謂ワールドの話はせず、業務、仕事でGithubがある状態とない状態)

Githubについて

pull request ぷるり ぷるりく全部一緒

Pull Requestを利用した開発

  • 対話
  • フィードバック
  • コードレビュー
  • テスト(必要性に迫られる)
  • マージ(mergeできるようにするためにはどうするか)

よくある世界

  1. なんとなく変数名をつける(いまいちしっくり来ないけどとりあえず名前をつける)
  2. この変数名適切じゃない気がする
  3. いくつか候補を出す
  4. 機能を完成させるため、そのままにする
  5. あとで適切な名前を思いついたら変更する

  6. 「あとで」変数名を変える→一生こない

  7. 他の人の眼にも触れずに本番環境で稼働する

Githubのある世界

  1. なんとなく変数名をつける
  2. この変数名適切じゃない気がする
  3. いくつか候補を出す
  4. 機能を完成させる
  5. このことをGithubに書く

  6. 他の開発者がレビュー

  7. 良い変数名 + アルファをフィードバック
  8. コードに反映

6-7が下手をすると数分でかえってくる

2つの世界の差

Githubの開発でやっていると、すごく重要。

  • 習慣(PRを出すとぷるりを見ざるを得ない、読まざるを得ない)
  • 機会(修正 拡張 学習)
  • 品質(2eyes < over 4 eyes)
  • 心理(不安、安心、自身)

鉞を飛ばされる不安を払拭するために、よりよいコードを書く

変な上司に「頑張ってるなあ」って言われるよりも鉞を飛ばす人に「良いコード書いてるね」って言われる方が嬉しい

機会はすごく重要。機会があるから学習したり改善したり出来る。 GitHubを活用すればそういう機会が増えていく。

人の目が増えれば品質が上がるかどうかは分からんが。

世界の中にも差

使っているだけの人と、十分に活用している人 コードを管理 vs コードの価値を高める 差分を入れてもらう vs 対話 設計 改善

(mergeお願いします) (言われたら直すかな) vs (こういうふうに設計したいんだけどどう思う?) (これしっくり来ないんだけどどう思う?) (PRをレビューしてくれ)

↑のほうはコードレビューの習慣が生まれない ↓のほうはコードレビューをする してもらう

活用している人になる

使っているだけのPR

  • 「このメソッド名は抽象的すぎませんか?」
  • このようなコメントだけ
  • 他の開発者がコードを見てるだけ、だけど何もしてない世界よりは良い世界

活用しているPR

  • このメソッド名は抽象的すぎじゃない?「xxxyyyyzzz」のおうが具体的でよいと思いませんか?
  • そうですね、ですがxxxはクラス名に含まれていますし、yyyzzzのほうが意味も簡素でよいと思う
  • そうねえ

  • LGFM

  • conversationを活用して!!!

指摘=簡単、提案=難しい

  • 「なんだよこのコード」というのはコードを理解していなくてもかけなくてもいえる
  • コードをよりよくするために行動

GitHubを導入すると

  • コードをレビューすると、
  • 行動を起こすきっかけ
  • 良い所悪いところが見える→現実
  • 悪いところを回避、解決するノウハウも

GitHub実践入門

  • PRのサイズを小さくする
  • 試せる環境
  • PRへのフィードバックを多くしすぎない(多いってことは、それ以前の話)
  • PRを溜めないようにする

  • なぜそうするのか、なぜそうなるのか

GitHub実践入門はガイドブック

red pill or blue pill?

真実を見なければいけない。この本をきっかけに真実を見なければならない

  • 粗悪なコード
  • 会社や組織の大成、ワークフロー
  • コストのお話(お金、人)

GitHubを使うために学ぶこと

  • そもそもGit
  • コミットメッセージ
  • ワークフロー
  • GitHub
  • CIセットアップ

学ぶべき情報があちこちに

YAPC::ASIA Tokyo 2013

  • 導入期
  • 成長期
  • 成熟期

いろいろなことをしないとGitHubがエンジニアの職場になじまない

周りの人への啓蒙

  • WIPで出せ
  • マージ前にコードレビュー
  • masterはいつでもデプロイ可能に

マナーを読む

GitHub実践入門活用

  • コレ読んでメソッド
  • 新人教育メソッド
  • それGitHub実践入門に書いて…(ry

「コレ読め」で良い

Github != 目的

  • GitHubの先にあるものを獲得しなければならない
  • 開発効率?品質?
  • ビジネスの成功?価値の向上?

「現場で使えるようなガイド」

明日から活用できる。