読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

ピエールの綱渡りとは

Haskell Scala

ピエールの綱渡りとは、

d.hatena.ne.jp

ピエールがバランス棒を持って綱渡りしている最中、バランス棒の左右に鳥がとまる。左右の鳥の数の差が3より大きくなったらピエールは落下して綱渡りが失敗する。左右の鳥の数の差が3以下のままで最後までいけたら成功。

という、すごいH本に出てくるやつです。これが独習ScalaZに出てくるので、なんぞやという感じでしたので。

Haskellで書くとこう。

type Birds = Int
type Pole = (Birds, Birds)

landLeft :: Birds -> Pole -> Pole
landLeft n (left, right) = (left + n, right)
landRight :: Birds -> Pole -> Pole
landRight n (left, right) = (left, right + n)

main = do
    print $ landLeft 2 (0, 0)
    print $ landRight 1 (1, 2)
    print $ landRight (-1) (1, 2)

Scala(Z)で書くとこう。

    def routine: Option[Pole] =
      for {
        start <- Monad[Option].point(Pole(0, 0))
        first <- start.landLeft(2)
        _ <- (none: Option[Pole])
        second <- first.landRight(2)
        third <- second.landLeft(1)
      } yield third

    println(routine)