読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

リスト内包表記について

Haskell

リスト内包表記はリストのフィルタリング、変換、組み合わせを行う方法である。

左側でやりたいことを書いて、右側でリストを束縛(定義)する。

右側で定義した変数について、左側でやりたいことを定義する感じ。

例。

ghci>[ x*2 | x <- [1..10]]
[2,4,6,8,10,12,14,16,18,20]
ghci>[ snd x | x <- [(0, "hoge"), (1, "fuga"), (2, "bar")]]
["hoge","fuga","bar"]

こういう書き方はPHPとかJSとかやってきた人間からしたら初耳みたいなものなので、慣れていくしかない。