読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

デプロイメントパイプラインの解剖学

読書ノート

デプロイメントパイプラインの目的は、ソフトウェアデリバアリーにかかわる人すべてにとって、チェックインからリリースまでのビルドの進展を見えるようにすることである。
  • どの変更によってアプリケーションが壊れてしまったのか
  • 手動テストやリリース候補になったものはどれなのか分かるようになっていること

などが必要である。 デプロイメントパイプラインを一旦実装すれば、リリースプロセスのどこが非効率なのかわかる。 そのために一番重要なポイントは、プロセスのできるかぎり早い時期に問題を発見するために必要な情報を提供することである。

  • 自動受け入れテストをさらに追加してより積極的に並列実行する
  • テスト環境をより本番に近付ける
  • 優れたプロセスを実装する

デプロイメントパイプラインを作るために必要な基盤

  • 優れた構成管理
  • アプリケーションのビルド デプロイを行う自動スクリプト
  • 自動テスト