読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

memo Twitter Everywhere #HelloWorld

Twitter

Ali Parr, Twitter(From London)

  • 日本に来たのは4回め

Twitterのプラットフォームのお話

  • アプリケーション
    • 最初からSNSとして作られた
    • どうやってアップデートをかけ続けて最高のものを作れるか
    • そのためのプラットフォームとしてのFabric
    • https://get.fabric.io/
  • コンテンツ
  • データ
    • ツイートを長い間追跡すると面白いデータが出てくる
    • Gnip

Fabric

  • 2014/10(0人)→2015(22万人の開発者)→20億のデバイス

Fabricとは

  • 5種類のSDKでもっていろいろなことが出来る

    • Crashlytics クラッシュアナリティクスβテスト(アプリは安定性が重要である)
    • Answers リアルタイムアナリティクス(今アプリ上で誰が何をしているのかをトラッキング)
    • Digits 電話番号でのサインイン(UK USは最初のデバイスはラップトップだが、新興国では電話が最初のデバイス)
    • アプリへのトラフィックを収益化(今日はその話はしない)
    • 会話へアクセス
  • プロモーションとかいろいろなことを解決出来る

  • A/Bテスト、バックエンドインフラの監視、支払いはこれらのキットでは出来ない(作ることはできるけど)
  • 機能にないものは パートナー企業 にやってもらう
    • 支払い部分はAmazonとか
    • 機能は慎重に追加しているので、質の高いものが追加される
  • UIを作るUIがある

Crashlytics

  • 180億のクラッシュイベント
  • アプリがクラッシュするのはかなりイライラする
  • 13億2500万のAndroid端末が1ヶ月で解析される
  • クラッシュではなくプログラムが遅いとか、ネットワークの接続が遅いとか、あらゆるエラーをキャッチ出来るようにしている
    • ユーザーがその時何をしていたかをトラフィックする
  • 次のアップデート
    • Unityをサポート
    • tvOSのサポート

Answers

  • ソースコードのサンプルはありません!というか書く必要がない
  • 次のアップデート
    • OSXとtvOSでのサポート
    • オーディエンスインサイト(ユーザーの情報をいろいろとトラッキング出来る 場所、性別、興味を持つものなど)
    • ローンチ当日のエクスペリエンス(最も緊張する日 サーバインフラアプリいろいろ大丈夫か気になる。リリースの日のパフォーマンスを見ることが出来、誰がどのバージョンを使っているか、誰がどの機能を使っているかを時間軸で比較出来る)
      • バージョンアップでユーザーが増えていたら良い変更であるといえる
    • AppStore GooglePlayで利用開始

Digits

  • SMS認証はシンプルかつグローバルなID認証
  • メアドをロストしても問題ない
  • 電話帳とリンクしてほかの人とつながりやすくなる
  • DGTAuthenticateButtonとか書けばいい

  • 次のアップデート

    • メール認証
    • tvOSのサポート
    • 音声通話のフォールバック(東南アジアユーザー向け)

Advertisements

  • ネイティブ動画広告(MoPub協賛)
  • ネイティブ動画をツイートに埋め込み

Contents

  • 毎月10億人以上が訪問
  • パフォーマンス向上のためJSのコードを40%削減→まだ続いている
  • ツイートは連続するものであり、これをサイト上に持ってくることにした
  • ツイートの写真をコレクションするなど出来る(TweetDeck)
  • ツイートをまとめたタイムラインをプログラムで作成(API)
    • ハッシュタグとか、ロケーションとか

Gnip

  • ツイートのデータを利用してビジネスとか人命救助とかに使う
  • e.g. university of wollongong 洪水被害の防止
  • e.g. harvard medical school 食品由来の病気を特定
  • ツイートできる文字数は140だけどメタデータは65種類以上ある
  • パブリックAPIとかオーディエンスAPIとか

Gnip 3つの目的

  • リアルタイム(現状の把握)
  • 履歴データ(既に起きたことを理解 2006まで遡れる 億レベルのツイートが10年間にわたってツイートされてる)
  • インサイト(オーディエンスと特に効果的なコンテンツを理解)

https://gnip.com/insights/

まとめ

  • fabric 世界中に起きている会話をいろいろな形でサポート
  • gnip データ分析