読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

今日やったこと #ikebin

Linux Windows SH-3

SH-3のBrainfuckEXEコンパイラをNode.jsで作る。半分まで。

アセンブリを16進数でNode.jsに手入力して、それをバイナリでファイルに吐くという簡単なお仕事。

+-<>.まで対応する。たぶんKernel VMには間に合わない。

流れ

DLLを呼び出す命令をBFまわりの命令の前にレジスタで定義して、値を入れておく。 BRA命令でその部分はジャンプする。

これは、C言語をsh-elf-gccでコンパイルして、sh-elf-objdumpで逆アセンブルすると、アセンブリがどういう使い方をなされているかがなんとなく分かる。

なお、BRA命令のあとにはNOP命令が来る。これを遅延スロットというが、どこまでジャンプするかはアセンブラで指定している。

R8-R13はPermanent Registersと呼ばれ、値が不変であることから、putcharやgetcharなどの命令はR8-R11に格納する。

やっている作業はまあだいたいこんな感じ。

CPU-ファイルフォーマット、みたいな感じ。

SH-PEとか、SH-ELFとか。なお、fileコマンドでファイルの形式を知ることが出来る。

gccでコンパイルするときにOオプションをつけると最適化してくれる。O2ってやるともっと最適化してくれる。gオプションをつけると逆アセンブル時にデバッグ情報を付与してくれる。

完成品(未完成)

EXEコンパイラ

makebrainfuckexe-sh3.2014101222.js

BFコード

33.b

実行結果

スクリーンショットはXPCEを使用。

f:id:shigemk2:20141012230318j:plain