読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

【追記あり】グリー初のScalaプロダクト!チャットサービス公開までの苦労と工夫 #ScalaMatsuri

GreeChat

アクティビティの活性化を目的とする

数十万人の利用を目的とするバックエンドの構築

  • 対象者はこれからScalaを使ってなんかアプリを作る人向け
  • チーム開発
  • 問題点

Scalaを選んだ理由

GREEChatの要件

  • 何十万人のユーザー
  • リアルタイム
  • 少ないサーバ(サーバ資源の効率化)
  • 保守性(5年以上)

候補

  • PHP(社内で使っているから。)
  • ストリーミングの問題
  • シングルスレッド マルチプロセス(サーバを効率よく使うのが難しい)
  • 保守性の問題
  • セミコロン

  • Scala

  • 並行プログラミングとの親和性とサーバ台数を減らせる
  • 一つのプロセス、複数のコネクション
  • 関数型言語→副作用がない→保守性
  • 社内技術の活性化
  • コード量を少なく
  • 社内にScala大好きな人がいた

どのようにScalaを学んでいったか

2/7(チームでのScala力の向上)

  • 自主学習(基本的な構文の理解)
  • コップ本
  • 逆引きレシピは網羅性が高い
  • Twitterのwebドキュメント
  • EffectiveScala
  • オープンソースのコードを読む
  • Twitterの人
  • チームでの勉強会
  • 個々の学びをチームで共有
  • 階乗計算問題をコードを書いてチームで見せ合う(varを使うとバグのもと)
  • 必要最小限の副作用
  • ペアプロ
  • 効果的な学習
  • ツールの使い方の共有

まとめ1

  • 並行プログラミングとの親和性
  • 経験者の負荷は高め

GREE Chatのアーキテクチャ

  • キューで分かれている

API Server

  • リクエストを受け付けて、イベントをキューに積む
  • ロジックを非同期で書く
  • 非同期前提
  • finagle(サーバだけでなくクライアントとしても使っている)

EventBusServer

  • akka
  • 並行分散処理をより簡単に書く
  • 競合やデッドロックのことを考える必要がなくなる
  • 耐障害性をサポート

Stream Server

  • 接続数を増やしたい…
  • ユーザ情報をメモリで管理
  • akkaやfinagleを利用した非同期処理

まとめ2

  • サーバをキューで分けてる
  • 非同期と親和性の高いfinagle
  • 並行処理が出来るakka

開発の問題点

JVM

Scalaライブラリの自作

  • シャーディングライブラリが必要だった
  • GREEにはもともとシャーディングライブラリがあったけど、それはPHP用だった
  • AuroraとChatシステム
  • auto_incrementをPKとするとinsertに時間がかからないけどuuidをPKとすると時間がかかる
  • Snowflakeに代わるライトウェイトなやつを作りたかった(→Cornflake)
  • シャーディングをするためのライブラリをOSSとするけど、組み込みに時間がかかった

まとめ3

  • 並行プログラミングとの親和性
  • チームとの共有
  • アーキテクチャはAkkaとFinagle
  • ライブラリの自作とOSSへの貢献

追記

一部削除しました。