読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

アクセスログのフォーマットについて

Linux

アクセスログのフォーマット(LogFormat) - ログファイルの詳細 - Apache入門

LogFormatの設定例

LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common
LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer
LogFormat "%{User-agent}i" agent

存在しなかったら - がかえってくる。 デフォルトだとcommon

Apache/access_logの見方 - ウェブ関連技術調査

CustomLog logs/access_log combined

こんなふうにコメントアウトされているけどrefererとagentのFormatも指定はされている。

#CustomLog logs/referer_log referer
#CustomLog logs/agent_log agent

mod_log_config - Apache HTTP サーバ

全部覚える必要はないと思うけど、ログのフォーマットは上のリンクをはじめ各所に 書いてあります。

less /var/log/httpd/access_log | awk '{ print $11 }

このようにやると、デフォルト形式のアクセスログならばリファラを見ることができる。 リファラとはリンクをクリックして別のページに移動したときの、リンク元のページのこと。