読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

whoisとドメインについてほぼ無理解だったので勝手にまとめてみる

Linux

whoisとは

Whoisとは | JPドメイン名の検索 | JPドメイン名について | JPRS

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。

manだと

Internet domain name and network number directory service

とある。
読んで字のごとしですな。

たとえば

$ whois hatena.com

とかすると、

  • 登録ドメイン名
  • 登録ドメイン名のネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前(ne.jpドメイン名についてはネットワークサービスの名前)
  • 技術的な連絡の担当者の名前、所属組織名、電子メールアドレス、電話番号

とまあ個人情報のオンパレードでございます。
このように個人情報をオンパレードする理由といたしましては、

  • ネットワークの安定的運用を実施する上で、技術的な問題発生の際の連絡のために必要な情報を提供
  • ドメイン名の申請・届け出時に、同一ドメイン名や類似ドメイン名の存在を確認するために必要な情報を提供
  • ドメイン名と商標などに関するトラブルの自律的な解決のために必要な情報を提供

とあります。
理由からしてwhoisが重要なのは分かりますけど、個人情報のオンパレードでございますから、個人でドメインを取得したときはプライバシー的にすごくやるせないです。

ドメインを取得した会社の個人情報を代わりに載せる「whois情報公開代行」という
サービスがあるわけでございます。

ドメインについて

レジストリとレジストラ|ドメイン取るなら お名前.com - ドメイン取得・ドメイン検索
そもそもドメインを取得するためにはレジストラっていうドメインを登録する会社に
申請しないといけないわけで(詳しい方法は私も知らない)、自力で申請して登録しようとするとやっぱり自分の個人情報を公開しないといけないのです。

さらに更新料は年間で数千円、下手をすると数万円とお金がかかります。

そこで、ドメイン取得を代わりにやってくれる会社がちょくちょくあるわけです。
ということで、ドメインを取得する方法として、

1. ドメインを永久無料で取得できるレンサバ会社と契約
2. ドメインを取得する(早い話がドメイン永久無料はレンサバ会社契約のための釣り)
3. whois情報はレンサバ会社のもので代替(ただし「whois情報公開代行」サービスをやっている会社に限る)

とやる方法があれなのかもしれません。(皆さんどうやってるのかしりませんけども)

ドメインは無料で取得出来る! ドメイン無料.com