読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

テスト駆動開発のためのパターン

読書ノート

テストファースト まずテストを書く
アサートファースト まずassertを書く
テストデータは読みやすく、明示的に。テストを作成するのは、コンピュータのためではなく、コードを読む人のためである。
つまり、読みにくい(≠多い)テストコードはそれだけでOUTである。とは言うものの、そのテストが必要だと判断された場合、
場合によってはテストのバリエーションは数百数千に及ぶ場合もある。つまり、多いテストコードがダメというわけでもない。
明示的なデータ 基本的にコードの決め打ちは推奨されないが、assert内に式を書けばプログラムに必要な内容が分かる場合もある
独立したテスト 各々のテスト結果が他のテスト結果に依存しないようにするべきである。