読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

CentOSにyum用のレポジトリを追加する

CentOS


CentOS 6 - 初期設定 - yum用リポジトリ追加 : Server World

CentOS の公式リポジトリだけでもそれなりには使えるのですが、
やはりほかにもパッケージが必要になる場合もあります。
たとえば提供されているphpのバージョンが、公式のレポジトリでは
古い場合があったりするわけです。
非公式リポジトリがいくつかあるので、それを追加することが出来ます。

ちなみにそういう場合は、

$ yum info php

を叩き、提供されているパッケージのバージョンを確認するとよいでしょう。

例としてrpmforgeから。

[root@dlp ~]# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
[root@dlp ~]# rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt
[root@dlp ~]# rm -f RPM-GPG-KEY.dag.txt
[root@dlp ~]# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

[rpmforge]
name=RPMforge RPM repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge/
gpgcheck=1
enabled=0

# 他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしておく
# 上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力
[root@dlp ~]# yum --enablerepo=rpmforge install [パッケージ名]

みたいな。

それと、remiを追加するときに、
404エラーが大量に出まくるときがあるけど、
理由としては、$releaseverが、 6.0 や 6.1 のようにマイナーバージョン込みの番号になるので、
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6.0/remi/mirror
が参照されて404になるから。
正しくは、http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/mirror です。

そこで、remiをつかうときはreleaseverも指定してやる必要があるよ、と。

yum -y --releasever=6 --enablerepo=remi install...

Scientific Linux 6.xで、LAMP環境を構築する (+Parallels Desktop 6) ::ハブろぐ