読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

S式

Emacs Lisp

elispは大まかに次の要素で構成されている。

  • 括弧
  • 空白
  • 数値
  • 文字列
  • シンボル
(1 1.2 "foo bar" test +)
  • 1 1.2は数値
  • "foo bar"は文字列
  • testと+がシンボル

構成要素のことを、しばしばS式(sexp)と呼ぶ。
上の例では各要素も、リスト全体もS式になる。
乱暴に言うと、開括弧から釣り合いの取れる閉括弧までがS式である。

また、S式には二面性があり、一方はただのデータの塊であること。
他方はプログラムであることである。これはLispの最大の特徴である。

プログラムとして見た場合のS式をフォームという。
このフォームを評価することで、プログラムを実行する。

P32より。

Emacs Lispテクニックバイブル

Emacs Lispテクニックバイブル