by shigemk2

当面は技術的なことしか書かない

AWS

route53 alias target

AWS

Route53のalias target The value that you specify depends on the AWS resource that you' routing traffic to. だから、ELBとかEC2とかS3とかもトラフィック先の対象として選べる

Troubleshoot a Classic Load Balancer: Health Checks

AWS

Troubleshoot a Classic Load Balancer: Health Checks LBがOutOfServiceで Instance has failed at least the Unhealthy Threshold number of health checks consecutively とか出てたらLBからインスタンスのヘルスチェックが失敗しているから、ネットワー…

Aurora FAQ

AWS

Aurora FAQ 10 GB 単位で最大 64 TB まで、データベースのパフォーマンスに影響を与えずに拡張 予めストレージをプロビジョニングする必要が無いので、とりあえずディスクアラート的なところは心配しなくていい(はず。64TB超えるようなデータを保存するよう…

RDS storage

AWS

RDS ストレージについて。 同じ種類のストレージなら、起動したまま容量を上げることも可能。でも、注意書きにもある通り、サイズの変更でパフォーマンスが下がることがあるし、サイズの縮小も不可能。

install lamp on Amazon Linux

AWS

awsコマンドとかはデフォルトで入っていたけどその他のパッケージは自力で入れておかないといけない install lamp on Amazon Linux sudo yum install -y httpd24 php56 mysql56-server php56-mysqlnd

Lambda IAM Role

AWS

Lambdaの実行ログはcloudwatchに書き込まれるので、cloudwatchへの書込み権限が必要(でももしかしたらcloudwatchへの書込みをやらないようにすることも出来るかも)

RDS snapshot

AWS

アカウント間でのスナップショット共有などもここに書いてる

RDB DB status

AWS

なんか起動しないなーとか変に再起動がかかったなーとか思ったらここの「DB インスタンスのステータス」を見よう

aws cli 1.11.150

AWS

Update ec2 command to latest version ec2 apiのアップデート Release 1.11.150 · aws/aws-cli · GitHub

vpc subnet

AWS

vpc > subnetで、1:nの関係。subnetが複数vpcでまたがることはない

aws-cli tag 1.11.149

AWS

logsのAPIまわりのアップデート。そろそろhomebrew-coreの季節。 Release 1.11.149 · aws/aws-cli · GitHub

api gateway cloudwatch metrics

AWS

api gatewayのcloudwatchディメンション。 見ているものはELBに少し似ているかも。

tagging Lambda

AWS

Lambdaにもタグがつけられるよ、っていうはなし。そうですよね。 タグの機能としては、他のサービス同様グルーピングと決裁まわりで役に立つ。

s3 request rate

AWS

バケットに対するリクエストレートが急速に増加して、毎秒 300 回の PUT/LIST/DELETE リクエストまたは毎秒 800 回の GET リクエストを超えることが予想される場合は、リクエストレートの一時的な制限を防ぐため、サポートケースを開いてワークロードの増加…

CodeDeploy deploy log

AWS

CodeDeployのデプロイのログは /opt/codedeploy-agent/deployment-root/deployment-group-ID/deployment-ID/logs/scripts.log で、IDなところを適宜修正すると見れる。

EMR filesystem

AWS

EMRで使えるファイルシステム群。 なお、s3nやs3aはパフォーマンスとかセキュリティの観点からs3を使うことを推奨されている

homebrew-core pr 16893

AWS

このアップデート自体はbotocoreのアップデートのみ。 Update gamelift command to latest version

aws cli release note

AWS

結構前からrelease note的なものはGitHubに移行している。 AWS CLI release notes have moved to GitHub : Release Notes : Amazon Web Services

elasticache document

AWS

elasticacheのエンドポイント周りのドキュメント。

vpc peering

AWS

2つのVPC下のインスタンスとのやり取り

S3 logging

AWS

S3のロギング。 アクセスログ配信の対象とするバケットにロギング設定を追加 設定はマネコンで追加できる(cli経由で出来るかはしらない) ログファイルはtxtでダウンロードできる。 中身はアクセスログとにてる。

SQS metrics

AWS

SQSのモニタリング。

es v5.4.3

AWS

相変わらず量が多すぎる Release v5.4.3 · elastic/elasticsearch · GitHub

fake-s3 issue 207

AWS

今までMITだったのに変なライセンスを使いだしたので、料金とかライセンス関係とかどうなんだいっていう話をしてみたところ、一旦は無料だと。でも今後どうなるかは保証できん。あとエンドユーザーにはライセンスの登録をお願いしているという話をしました。…

fake-s3 docker

AWS

やっていることは、gemのfake-s3をinstallしてポートを開けているだけ。 なお、バージョンが古いけど古いままなのはバージョンアップでライセンスが変わったのでおいそれとバージョンアップができなくなってしまった fake-s3/Dockerfile at master · lphowar…

memo Presto - 僕とヤフーと時々Teradata #prestodb

yahoo multi big data company hadoop rdb nosql object storage さまざまなストレージにあるデータをインタラクティブに分析→presto 広告入稿システム システムサマリー NFSを退役 Goでヤフーの分散オブジェクトストレージを作った話 EOSL問題 ファイルフォ…

memo Prestoベースのマネージドクエリサービス Amazon Athena #prestodb

概要 AWS Athenaの紹介 + AWSのサービス紹介 + Athenaのベストプラクティス Athena S3のデータに対してSQLを投げるサービス re:Invent 2016 tokyoリージョンではまだ使えない データ分析基盤の進化の流れ 1985 Dataware house 2006 Hadoop clusters 2009 Dec…

kibana 5.4.1

AWS

security fix bugfix The time series visual builder that was released in 5.4.0 is vulnerable to a cross-site scripting attack (XSS), where a malicious user could embed HTML into markdown documents that could result in JavaScript being execu…

aws sdk for java document

awscalaのソースコードを読んでいると、どうしてもAWS SDK for Javaのドキュメントに行き着いてしまう。 というのも、SDKのラッパーなので、やっぱりここを読まないと詳しい挙動とか変数とか分かりづらいから。 AWS SDK for Java - 1.11.139

awscala/AWS SDK for Java

雑にAWScalaを眺めていると、aws-java-sdkのライブラリがふんだんに使われているのがわかる AWScala/S3Object.scala at 7c90c5b17dec9393a2c61e61e0c379246a9fa3fc · seratch/AWScala · GitHub docs.aws.amazon.com docs.aws.amazon.com